ドッグ

手のひらサイズのティーカッププードル|愛を持って接しよう

見過ごしやすい慢性腎不全

動物病院

犬はあまり体調が良くないことを表情や行動に表さないため、病気を患っているのか気づきにくいと言われています。特に慢性腎不全は気づいたときには症状が悪化している場合があります。

Read More

育つ環境も大切

男性とペット

柴犬は人気犬種であるため、購買目的でスタンダードとはかけ離れた姿で販売されることもあります。主な例は豆柴ですが、豆柴が好きで責任を持って育てられるなら飼うことに問題はないです。ただ信用性としては、スタンダードを重視して柴犬の本来の姿を守ろう・受け継がせようとしているブリーダーの方が誠意があります。

Read More

ペットショップ

家族

ペットショップで犬を購入する場合は、適切なアドバイスをしてくれるか、アフターサービスが充実しているかをきちんとチェックしましょう。販売するだけというペットショップは避けることです。また、衝動買いしてしまう人も多いですが、しっかり考えてから決断することが大事です。

Read More

ミニチュアサイズの犬種

プードル

子犬の親のサイズも確認を

今、ペットブームの中で、ティーカッププードルなどのミニチュアサイズの犬種が人気を呼んでいます。元々が小型犬を改良したティーカッププードルは、気質が優しく飼いやすいため、人気が集まっています。ティーカッププードルは、その名称の通り、ティーカップに収まってしまうほどの大きさです。しかし、ティーカッププードルとはいっても、普通のプードル犬の遺伝子を持っています。先祖が中型犬に近い犬種であれば、成長すると結構な大きさになってしまう例もあるのです。愛情を持って育てたペットが大きくなりすぎたといって、業者に返品する訳にはいきません。超小型犬の育ちすぎを見極めるためには、その子犬の親や祖父母の世代の大きさを調べて購入すると、間違いが少なくなります。

それでも育ちすぎた場合は

超小型犬の親や祖父母が超小型サイズであれば、その子犬は育ちすぎることは稀です。しかしながら、わずかの確率で超小型犬の子犬が通常サイズに育ってしまうことがあります。ティーカッププードルの筈が、バケツにも入らない大きさになった話も耳にします。当然、その場合は販売店への苦情を申し伝えることになります。ただ、生き物であるペットを返品することはできません。販売店には事情を説明した上で話し合い、販売価格の一部を返金してもらうという手があります。また、その他の補償として、超小型犬用に揃えたグッズを通常の犬種用に交換してもらうことも可能です。ペットは、どのような大きさに育っても、愛情を持って飼育したいところです。